青クマ、黒クマやシミを消したい人におすすめのベースクリームとコンシーラー


目元のクマ、顔のシミに悩む日々美容体験002:ゆかさん
30代になってくると、どうしても顔にシミが増えてきてしまいます。
おまけに日々の睡眠不足などで目元に青よりの黒いクマができてしまいました。

シミを隠そうと色んなコンシーラーを使いましたが、ちゃんと隠れてくれない上に肌の乾燥が悪化します。
元々夏でも乾燥してしまうほどの乾燥肌なので、メイク前に保湿をしていてもコンシーラーの厚塗りで乾燥しやすくなるのです。

メイクしてから1時間も経つとメイク崩れを起こしてしまいますし、目元や口元はとくにメイクが崩れやすいのでクマやシミ以上に酷い顔になってしまいます。

どうすれば綺麗にクマやシミを隠せるのか、そう考えたときにあるコスメに出会いました。
コスメ2つを組み合わせたことで、クマやシミも綺麗に隠せて、乾燥もしなくなったのです。

乾燥肌でも使えるクマやシミを消すアイテム発見

私が見つけたのは、「パルガントン シアトリカルトータルキープベース」というベースメイクです。
そして「資生堂スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー全体用S100)」というコンシーラーです。

パルガントンのシアトリカルトータルキープベースはピンク色に近い化粧下地クリームです。
テクスチャーはとても柔らかく、伸びが良いところが特徴です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分とプラセンタエキスなどの整肌成分が入っているので、皮脂・乾燥肌にも使いやすいのです。
さらにソフトフォーカスパウダーにより光の反射によって毛穴、肌の色ムラをカバーすることが可能です。

資生堂のスポッツカバーファウンデイション(ベースカラー全体用S100)は、オークル系の明るめの色味をしたコンシーラーです。
こちらもテクスチャーがクリームで、ちょっとの量でもすごく伸びが良いです。

一見濃すぎる色のように見えますが、イエローベースの肌に乗せてみると馴染みが良く、更にファンデーションをすることで自然な肌色になります。
こちらも乾燥肌であっても使いやすく、全体用なので目元にも頬にも顎にもと色んな場所に使えること、そして落ちにくいところがお気に入りです。

ブルーベースの人にはS100だと濃い気もしますがシアトリカルトータルキープベースが明るい色味なのでファンデーションも併せれば自然な顔色になるはずです。

色は他に全体用ならS101(オークル系の落ちついた肌色用) 、S102(オークル系濃いめの肌色用) 、S300(ピンク系の赤みより、やや明るめの肌色用)があります。
部分用はH100(オークル系明るめの肌色用)とH101(オークル系の落ちついた肌色用)があるのです。

更に補正用としてC1(マイルドなホワイト系の肌用)と、C2(ベージュがかったイエローよりの肌用)もありますから、自分の肌色に合ったものを探せます。

シアトリカルトータルキープベースとスポッツカバーファウンデイションを使った感想

化粧水で肌を整えたあとにシアトリカルトータルキープベースを顔全体に塗って下地を作り、スポッツカバーファウンデイション(全体用S100)でクマとシミを隠しました。

シアトリカルトータルキープベースは本当によく伸びて、目元やほうれい線、口元部分に塗っても全然カサつきません。
つるんと潤った明るい肌色になり、地肌より1トーン明るくなります。

そしてスポッツカバーファウンデイション(全体用S100)を目元のクマや顔に散らばるシミへ塗りました。

そうすると青~黒い色をしたクマも、濃い茶色系のシミも綺麗に隠れたのです。
どの程度隠れたのかわかりやすいように手の甲の青黒い血管に塗ってみましたが、青黒い色がわからないくらい他の肌の色に近い色味になってくれました。

青いクマはオレンジ系、黒いクマはベージュやオークル、パール系が良いといわれています。
シアトリカルトータルキープベースとスポッツカバーファウンデイションを併せて使うことで、しっかりと黒や青といった色が隠れるのです。

しかも乾燥しないしメイク崩れもしにくいので、メイク持ちもバッチリです。
敏感肌でもあるのですが痒くなったりニキビができることもなかったので、そういった心配がある人にもおすすめでしょう。
クマを隠したい、シミを消したい人は是非この組み合わせでメイクをしてみてください。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 青クマ、黒クマやシミを消したい人におすすめのベースクリームとコンシーラー