簡単!造顔マッサージで美顔を手に入れぱっちり二重にする方法


重たい印象の一重まぶた、さえない印象の顔も簡単なマッサージとケアで劇的美顔に変わる!

顔の印象はまず第一に目もとで決まるといわれています。ぱっちり二重か厚い一重でその人の表情や顔の印象が大きく変わるのです。

一重の場合は美人でクールな雰囲気に見えることもありますが、顔全体のバランスや顔そのものの大きさや骨格、他にもまぶたそのものの肉の厚みによって
顔の一重まぶたの印象は大きく異なってうつります。普段はメイクやアイプチなどで対処している人も多いことでしょう。

メイクで二絵を作ることもできますが、パートナーや周囲の人々に、できれば普段からすっぴんでも二重まぶたで過ごしている印象を与えることができたなら化粧の影響で糊やメイクで二重瞼の皮膚がきずつくこともありません。

今回はその二重まぶたを自然にすっぴん状態のままで作ることのできる方法をご紹介します。

その劇的な方法とは、「造顔マッサージ」!読んで字のごとく、顔を造る、フェイシャルエクササイズと合わせたマッサージ法です。

美顔と美しい二重のラインを手に入れる方法は、どんな方法よりも造顔マッサージとフェイシャルトレーニング、そして効果的なタイミングのお肌の休養タイミング・保湿のバランスという三角関係にあったのです。

顔が劇的に美しくなる造顔マッサージの不思議!

ゴッドハンド、造顔マッサージの代表者といわれる田中宥久子さんの提唱したこの美顔法は、多くの人々に人気を博しています。

顔のリンパや筋肉のラインを優しい指の腹でなぞり、目やデリケートな部分に当たらないように少しだけ力を入れ濁毒を流していきます。

1週間から1か月、半年と習慣づけてゆくだけで、驚くべきフェイスラインや、顔のシェイプアップを効果的に手に入れてゆくことができるのです。顔のマッサージというだけでなく、顔のラインや筋肉のつき方を研究して、優しくおこなうことがコツです。

顔の筋肉を鍛えることでアンチエイジング効果が表れる!

顔の筋肉は体中の筋肉では一番使うことの少ない部位ですので、繊細な筋肉が一気に集まっていて、使わないことでたるみが激しく表れてしまいます。

そのため効果的に動かして強く引き締める習慣をつけておくだけで、驚異的なアンチエイジング効果が表れます。体の筋肉を鍛えている高齢な人で、体の艶やはりが驚くほど顔とは違う人がいます。

顔だけ鍛えておらず、体だけを鍛えているため、肉体のハリや若々しさがたもたれているのです。

つまり、顔も同様にやさしくトレーニングすれば、効果が永続的に表れるのです。年齢が中年以上なのに2~30代の若者と同じくらいに美しい芸能人などは多くの人々がこれらの方法を2日に一度のスパンで実践しています。ぜひとも自分にできる範囲で実践してみましょう。

1日1~2食習慣を続けることで、若返り遺伝子が動き出す!


有名芸能人が実践している方法で、1日1食、もしくは2色の習慣を繰り返すことで、体の老廃物が出ていき驚異の若返り遺伝子が活性化して、驚くほどにきれいに痩せて、美しくなることができたというもの。

飢餓遺伝子というサーチュイン遺伝子が働いて、常に野生の若々しい行動的な状態でいる細胞に鮮度が保たれるため、ほどほどの腹八分の食事にするだけでも美容に影響が出るのだといいます。あの俳優の京本政樹さんも還暦前後の年代ですが驚くほどの若々しさをキープされています。それもこの美容法による結果なのだそうです。

二重をつくるマッサージ法でぱっちりアイを手に入れる!


①ぱっちり二重はまぶたの周囲のツボをやさしく刺激し周囲の筋肉をマッサージしてあげることで効果的に筋肉が引き伸ばされ、老廃物がたまらず3か月ほどで効果が表れてきます。

②まぶたそのもののトレーニング、眼輪筋を鍛えるために目をぐるぐるゆっくり時間をかけて呼吸とともに左右に回しましょう。

③そして大きく目を見開き、ギュっと閉じる運動も組み合わせます。

・・・このトレーニングを1日2セット、1つのアクションにつき5~10回行うようにしましょう。

そして最後に冷水で顔全体を引き締めます。造顔マッサージはあまりやりすぎたり力を入れて行いすぎると逆効果で、皮膚を傷つけたり皮を伸ばす原因となることもあるので
筋肉の節目や、可動部、こめかみや頬など、主にストレスや老廃物、疲れがたまっている個所などの部位のみを重点的に刺激して、優しく首筋に流すように心がけましょう。

顔全体の皮膚は一つにつながっているので、体全体の運動と合わせて行うとよりハリが出て効果的です。

人間の顔は断面図をつくると筋肉の上に脂肪、そして皮膚が乗っていますので、トレーニング、保湿後はサプリメントとしてコラーゲンや意外にも、植物性の脂肪やたんぱく質になる鶏肉などのヘルシーな食材を調理しておやつに食べると美しくマルミヤ柔らかさのあるお肌を手に入れることができます。

脂肪は普段は女性は特に避けたいものですが、女性の美は細身の中にも愛らしさや母性を感じさせる柔らかさや肉感、ふくよかさにあります。美顔には逆に皮膚の奥にクッションとしてうっすら必要な美容成分でもあるのです。

朝は顔を水洗いだけにすることで自然に保湿ケア!


顔の清潔さのために、洗顔を毎日朝晩行っている人が多いかもしれません。実はこの方法は、人によっては保湿の面では逆効果になることもあるのだそうです。

脂分が多い人の場合はちょうどよい洗顔法なのですが、もともと脂分が少ない人に限っては、1日は油や汚れのたまる夜のみに集中して洗顔したほうが最も効果的に
汚れを一掃することができます。

造顔トレーニングはただでさえ顔に負荷をかけるので、肌は優しくいたわりたいものです。マッサージやストレッチで刺激を与えた分、朝やそれ以外の時間はしっかりと保湿して、一切触らず、洗っても水洗いだけにとどめるようにしましょう。

これらを組み合わせるだけで、地道ではありますが、実は最も最短ルートで誰でも簡単にぱっちり二重や美顔を、プチ美容整形に比肩するレベルで手に入れることができるケースもあるのです。
バランスの取れた基礎的なケアと、週に3日ほどの、休息も合わせたトレーニングとマッサージ。

美容のためのジム通いをしている美容マニアの方々も、ぜひともフェイシャルトレーニング、フェイスマッスルも同時に根幹からきっちり、丹念にトレーニングすることでより美しい輝きを手に入れていただきたいものです。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単!造顔マッサージで美顔を手に入れぱっちり二重にする方法 | Cosmetic-Beauty1 口コミ・効果検証