美髪になるドライヤー方法とシャンプーの回数・頻度を工夫しよう

 


e89647621c1aece99ecb14c21fc29a03_s

 

美髪になるためのドライヤー・シャンプー頻度とおすすめのヘアケア剤

潤っていてツヤのある髪は自分に自信が持てるようになり、女性みんなの憧れです。
そこで美髪になるためのドライヤー・シャンプー頻度とおすすめのヘアケア剤について紹介したいと思います。

美髪になるドライヤーの方法

b60834e5cc2d8b1f1b5279cd70109ec3_s
ドライヤーを使って髪を乾かすのが億劫という方もいるかも知れませんが、濡れた髪はデリーケートで髪の水分量や柔軟性を保っているキューティクルがはがれやすくなっているので、美髪を目指すのであればしっかりとドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。

ドライヤーを使う前のタオルドライですが、タオルで髪をゴシゴシ力を入れて拭くと、先ほどのキューティクルに大きなダメージとなってしまうので優しく拭くようにしましょう。

優しく指の腹でマッサージさせるようにタオルに水分を吸収させ、ロングヘアの人は挟んでパンパンと優しく叩くのもおすすめです。

そのあと目の粗いクシで優しくとかしましょう。
これを行うことで乾かしたあとキューティクルが整い、髪にまとまりがでてきます。
それから洗い流さないタイプのトリートメントをつけるのがおすすめです。

そしてドライヤーを使って乾かす時には根元から20センチ以上離して、いろんな場所に当たるよう動かしながら乾かしましょう。
8割程度まで乾いたら、あとは自然乾燥にすると髪にツヤガ出るようになると言われています。

また髪をふんわりとさせたいのであれば、髪の根元に指を入れ風を起こしながら内側からドライヤーを全体に当てましょう。
全体的に乾いたら交互の髪を反対側にかきあげながらドライヤーを当て、かきあげた髪を戻します。
ドライヤーの最後にはキューティクルを閉じ込めるために冷風を当てるようにしましょう。

美髪になるためのシャンプーの回数

b2739a6e74f127791d537e62aee0d881_s
シャンプーで髪を洗うとすっきりしますし、気持ちがいいですね。
ですがシャンプーのやりすぎは髪にかえってダメージを与えてしまうということはご存知でしょうか。

頭皮は髪と頭皮が潤うよう、適度な皮脂が分泌されています。
乾燥しすぎてバリア機能が保持できなくなった頭皮はかゆみやフケといったトラブルを引き起こしてしまいます。
頭皮や髪の状態によってそれぞれシャンプーの適切な回数は変わってきますが、1日に2回以上洗うのは美髪のためには良くないようです。

輝くふんわりとした美髪になれるおすすめシャンプー

年齢とともに髪のハリやコシはだんだん失われていきますね。
その悩みを解消してくれてボリューム感のある美髪へ導いてくれるのがアスタリフトスカルプフォーカスシリーズです。

こちらの商品は髪をケアしてくれるシャンプー・コンディショナーと頭皮をケアするスカルプエッセンスのセットになっています。
この3ステップで年齢に負けない、髪のエイジングケアができます。

美髪のためにおすすめしたいヘアケアセット「アスタリフト」

アスタリフト美髪トライアルキット

潤い成分であるナノグリチルレチン酸、アスタキサンチン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸と独自成分であるハリ・コシを与えるヒト型ナノヘアセラミドが配合されたシャンプーとコンディショナーが今生えている髪の内部に浸透します。
そして未来の髪のために洗い流さないタイプの潤い成分であるナノアスタキサンチン、ヒアルロン酸、びわ葉エキスなどが配合されたエッセンスが頭皮の奥深くまで届きます。

美髪になるためのドライヤー・シャンプー頻度とおすすめのヘアケア剤について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
きれいな髪になって生き生きとした毎日が過ごせるといいですね。
 

アスタリフト美髪トライアルキット

【富士フイルム】アスタリフト美髪トライアルキット

icon-chevron-circle-right 頭皮に届き未来の髪をケアする「ナノグリチルレチン酸」と髪に届き今の髪をケアする「ヒト型ナノヘアセラミド」でハリ、ボリューム感のある輝く美髪を目指します。ダマスクローズをベースとしたハーバルフローラルの上品な香りです。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

美髪になるドライヤー方法とシャンプーの回数・頻度を工夫しよう | Cosmetic-Beauty1 口コミ・効果検証