エイジングケアで人気の美容液!最先端脂肪幹細胞化粧品とは?

 



icon-magic 再生医療センターの研究者が開発した幹細胞美容液『Signalift(シグナリフト)
近頃効果のあるエイジングケア成分として注目を浴びているのが「脂肪幹細胞」です。
加齢とともに細胞の働きは衰え、その結果美容面ではシミやしわといった肌トラブルとして現れます。ですがこの脂肪幹細胞を使用することで、そのようなお悩みから多くの方を救う手立てとなるのではということで、今大きな期待が寄せられています。

ではこの脂肪幹細胞
一体どのような成分なのでしょうか?

今大注目の脂肪幹細胞美容液とは?


脂肪幹細胞はもともと人間の体内に存在する成分で、文字通り体内の脂肪の中に存在する細胞の事を指します。

人体の再生や修復に用いられているとされる細胞で、実はips細胞やES細胞と同じく再生医療の分野での研究も進められています。

またips細胞やES細胞に比べると、採取時の安全性が高く大量に採取できることから次世代医療をになう細胞として注目を浴びているのです。

つまりこの脂肪幹細胞を使用することで、安全に自らの衰えた肌を再生に向かわせることができるというわけです。

美容クリニックなどでは、この脂肪幹細胞を用いて豊胸手術やしわの改善に用いているところもすでにあるほどです。

健康面だけではなく、美容面でも私たちの肌を若返らせてくれる成分として注目を浴びている脂肪幹細胞。
この脂肪幹細胞の力を借りた美容液や化粧品が今、しわやたるみといったエイジングケアに効果があるとして美容マニアの中で常識になりつつあるのです。

脂肪幹細胞の働き

実はこの脂肪幹細胞は、まだ他人の脂肪幹細胞を体内に注入したときに、どのような拒絶反応が出るかは医療界でも研究中の成分になります。

そのため、美容クリニックなどでは自身の脂肪幹細胞を抽出して、再度必要な部位に注入するという手法で手術が行われています。

化粧品に配合されている場合は、自身の脂肪幹細胞は配合できませんので、多くの場合脂肪幹細胞の培養液を配合しています。
実際に脂肪幹細胞を抽出し、培養するときに出る分泌液の事です。

幹細胞培養液には「成長因子」と呼ばれる、細胞の分裂や成長を促す成分が含まれています。

この成長因子により、私たちの肌が本来もっている脂肪幹細胞の働きを活性化することで、肌の老化を食い止めるエイジングケアの効果があると言われているのです。

また、この培養液には活性酸素を除去してくれる働きをもつ酵素も含まれているので、老化の大きな原因である活性酸素を体内から取り除くことで、より高いエイジングケア効果が期待できます。

今までの多くの化粧品は、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を含んでいても、その成分が衰えた細胞まで修復してくれることはありませんでした。
つまり加齢による肌トラブルには有効な対処法とはいえなかったのです。

ですが、この脂肪幹細胞を元気にする効果のある成長因子を豊富に含む培養液入り化粧品を使用することによって、老化のスピードを遅らせていくことが可能になります。

脂肪幹細胞美容液使用時の注意点

自分自身以外の脂肪幹細胞を体内にいれる場合は拒絶反応が心配されています。
そのため、化粧品への脂肪幹細胞そのものを配合することは国が許していません。
脂肪幹細胞配合美容液と謳っているものは、品質に疑問が残るので選ばないようにしましょう。

あくまでも化粧品に配合されているのは、幹細胞自体を元気にしてくれる働きをもつ培養液です。
この培養液は非常に安全性が高く、肌トラブル等も起こりにくい成分と言われています。

またこの幹細胞培養液配合化粧品には、植物性や動物性など様々な種類がありますが、その中でもヒト由来の幹細胞培養液を配合しているものは非常に効果が高いと言われています。

ただ、その分お値段もかなり高額です。
自分自身のなりたい肌をイメージして、どのタイミングで使っていくのかをよく検討して選びましょう。

 icon-external-link 参考
再生医療センターの研究者が開発した幹細胞美容液『Signalift(シグナリフト)

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

エイジングケアで人気の美容液!最先端脂肪幹細胞化粧品とは? | Cosmetic-Beauty1